バッグクリーニングをするなら覚えておきたいポイント

お気に入りのバッグにカビが生えた、あるいは化粧品をこぼしてしまいシミになったなどといったことはよくあります。

その時に処分してしまおうかと悩む人もいるのでしょうが、その前にバッグクリーニングを検討してみると良いです。関連資料…靴専科 - バッグクリーニング

ただしどの業者に任せても良いわけではないため、いくつかあるポイントがあるのでぜひともこの機会に頭に入れておきましょう。


店舗に持ち込むと良い点について

バッグクリーニングを受け付けている店舗はいくつかありますが、基本的に依頼方法は二種類になります。その一つが店頭に持ち込むというもので、こちらのメリットは店員さんと直接話ができる点が挙げられます。どこが汚れているのかを伝えたり、綺麗にして欲しい箇所などを指定できたりといったことが可能です。

加えてその場でクリーニングをしてもらいたいバッグの素材に、対応が可能かの確認ができるのも大きいです。もしも扱ったことがない素材なのにクリーニングをされてしまうと、汚れが取れないだけでなくバッグが傷ついてしまう可能性があります。

そのため所有しているバッグの素材についていくつか質問してみて、丁寧に答えてくれるかどうかを確認しましょう。真摯に対応してくれるならその店舗を候補に入れておくと良いです。

宅配クリーニングを利用しておくメリット

店舗に持ち込むのも良い方法なのですが、バッグクリーニングに対応できるところが自宅の近くにあるとは限りません。そこで利用を検討してみると良いのがもう一方の方法で、それが宅配クリーニングです。電話やメールなどで申し込むと、後日段ボールや袋が送られてきます。

それにクリーニングしてもらいたいバッグを入れて、宅配会社に行って送り返します。すると宅配クリーニング業者から見積もり書が届くので、その内容に承諾したら作業開始になります。そして数日後に綺麗になったバッグが自宅に届けられるのです。

宅配クリーニングを使うと良いところは、比較的どの地域に住んでいても利用できることです。しかも最近では宅配会社だけでなく、近くのコンビニからでもクリーニングしてもらいたいバッグを送ることができる場合が多いです。

また送料に関しても、キャンセルしない限りは宅配クリーニング業者が負担してくれる場合も珍しくありません。

料金の比較も忘れずに行いましょう

どのバッグクリーニング業者に任せるのかを決める際には、料金の比較も忘れてはいけないです。一般的にはバッグの大きさと、使われている素材で決まります。ただし相場というものはあってないようなものなので、時間の許す限り多くのバッグクリーニング業者に見積もりをお願いしましょう。

それからブランド品の場合は、どのメーカーなのかによってあらかじめ料金が決まっているケースがあります。それ以外にも手洗いを希望すると追加料金が発生することもあるため、事前に確認しておきたいです。

業者の良し悪しを判断する材料

大切にしているバッグを預けるわけですから、できるだけ良いバッグクリーニング業者に依頼したいです。そのためにやっておきたいのは、スタッフの対応を見ることです。

店舗に持ち込むにしても宅配クリーニングを依頼する場合でも、とにかく素早い対応が理想的です。特に後者の場合は問い合わせのメールの返信に何日もかかるなら、熱心に取り組んでるとは言えないので他を探す方が良いです。

他にもバッグクリーニングに携わって何年になるのかも見ておくのは必須です。決して開業したばかりの業者が駄目ではありませんが、経験豊富な職人がいる店舗に任せられるに越したことはありません。それに何年も営業を続けていられるのは、それだけ多くのお客さんに喜んでもらえる仕事ができている証拠になるのです。

ただし熟練の腕を持っている職人が独立開業をしている可能性もゼロではないです。そこで新しい店舗を見つけたら、職人の経験や以前はどこで働いていたのかを聞いて判断するのも良い方法です。

他にも見ておきたいところがあります

単に汚れを落とすだけでなく、中にはいろんなサービスを行っているバッグクリーニング業者がいます。例えば修理を請け負っている業者がいて、取れかかっている金具を直してくれる場合があります。他にも撥水加工を依頼しておけば、雨の日にバッグを使用しても傷みにくくなります。

それからバッグの構造上、内部に湿気がこもりやすくカビが生えやすいです。初期の段階ならクリーニングすると除去できますが、時間が経過したものは完全に取りきれない場合も少なくありません。すると黒や緑色の斑点ができてしまい、見た目が良くありませんし臭いも気になるものです。

そのような場合なら色を塗り直してくれるバッグクリーニング業者を探してみるという手があるのです。これは元の素材と同じ色の塗料を作って、スプレーで吹き付けることでカビを隠してしまうというやり方です。もちろん剥げてしまった箇所や色褪せたバッグにも対応でき、腕の良い職人がやるとまるで新品のようになります。

バッグクリーニングを依頼するなら、自分が望むオプションが選べるのかを問い合わせておきましょう。


事前にやっておきたいこと

バッグのクリーニングを専門の業者に任せる前に、やっておきたいことがいくつかあります。この作業をしておくことで、バッグが長持ちするだけでなく、クリーニングにかかる費用が抑えられるかもしれないなどメリットが多いです。

具体的には使用したら必ず湿気を取り除くようにすることで、たったこれだけでカビが生えるのを防げます。中でも食べ物を入れっぱなしにしないことが重要です。湿気に加えて臭いもつく可能性があるため入れないのが一番ですが、どうしても無理なら帰宅したらすぐに取り出しましょう。

そしてバッグを開け放って、風通しが良く直射日光が当たらない場所で干しておきます。その後市販されている乾燥剤や、除湿剤を中に入れておけば良いです。保管しておく場所についてですが、クリーニングしていない衣服とはできるだけ離しておくのが無難です。

ダニなどいる可能性が高く、もしそうならバッグにも付着するからです。だからといって購入した時にあった保存用の袋に入れるのは避けておきたいです。先述した通りバッグには湿気が大敵だからで、何かに入れるなら通気性の良いものにしましょう。

最後に表面についた埃を取り除くなら、柔らかな布で拭くようにしておけば傷がつくのを防げます。